Copyright (C) 2014 Hamaya Laboratory, All rights reserved.
大阪大学大学院基礎工学研究科システム創成専攻電子光科学領域 浜屋研究室
〒560-8531 大阪府豊中市待兼山町1-3 E303-05
研究成果:
招待講演

-2018年-

浜屋宏平:
"半導体スピントロニクスにおける強磁性体/半導体ヘテロ界面の重要性"
第23回 電子デバイス界面テクノロジー研究会, 2018年1月19~20日 (静岡) (予定).


-2017年-

K. Hamaya:
"Spin Transport in Germanium"
HKU-Osaka University Joint Symposium on Material Reserch, December 3-5, 2017, Hong Kong, (2017) (予定).


浜屋宏平:
"ゲルマニウムスピントロニクスの最近の進展"
第36回電子材料シンポジウム, 2017年11月8~11日(長浜) (予定).

浜屋宏平:
"ゲルマニウムスピントロニクスにおける高品質ヘテロ接合の重要性と課題"
第1回CSRN Workshop 2017 「新しいスピントロニクス機能材料の開発とその物性制御」,
2017年10月27~28日 (東京) (予定).


浜屋宏平:
"高品質強磁性/半導体界面を用いたスピン注入・検出と計算科学への期待"
第31回CMDワークショップ, 2017年9月11日 (大阪) (予定).

S. Yamada, K. Hamaya

"Low-temperature molecular beam epitaxy of nonmagnetic full-Heusler alloy Fe2VAl films"
Collaborative Conference on Materials Research (CCMR) 2017, June 26-30, 2017, South Korea, (2017).


K. Hamaya:
"Spin transport in n-Ge and p-Ge"
Spintronics and Core-to-Core Workshop 2017, March 21-22, 2017, Osaka, (2017).


-2016年-

K. Hamaya:
"Correlation between the Kondo effect and pure spin current"
Korea-Japan Spin-Orbit workshop, December 15-16, Fukuoka, (2016).


K. Hamaya, S. Yamada, K. Kasahara, and T. Kanashima:
"Finely controlled heterointerfaces between Ge(111) and metallic alloys or insulators for next generation Ge-based devices"
PRiME 2016/230th ECS Meeting, SiGe, Ge, and RC symp. Meeting, October 2-7, Honolulu, Hawaii (2016).


K. Hamaya:
"Ge spintronics developed by semiconductor technologies"
The 40th Annual Conference on Magnetics in Japan, September 5-18, Kanazawa, (2016).


K. Hamaya:
"Ge-based spintronics with epitaxial Heusler alloys"

The 18th International Conference on Crystal Growth and Epitaxy (ICCGE-18), August 7-12, Nagoya, (2016).

K. Hamaya:
"Temperature dependence of pure spin current transport in a Kondo alloy"
CMD&W workshop, March 25-26, Osaka, (2016).


-2015年-

浜屋 宏平:
"高品質ホイスラー合金を用いたナノスピン変換"
「計算機ナノマテリアルデザイン新元素戦略」、国際高等研究所ワークショップ(京都)、9月23日.

浜屋 宏平:
"低温形成ホイスラー合金を用いたゲルマニウムスピントロニクス"
公益社団法人日本金属学会2015年秋期(第157回)講演大会、九州大学 伊都キャンパス、9月16~18日.

-2014年-

浜屋 宏平:
"ホイスラー合金を用いたゲルマニウムスピントロニクス"
「スピントロニクス学術研究基盤と連携ネットワーク」構築に向けて、東北大学電気通信研究所共同プロジェクト研究S (東京)、12月15日.


K. Hamaya:
"Germanium spintronics based on crystal growth technologies"
JICA-FRIENDSHIPプロジェクト, IIT, India, December 1, 2014.


浜屋 宏平:
"メタル・ソースードレイン型スピントランジスタの創成に向けて"
応用電子物性分科会・スピントロニクス研究会共同主催研究会、「スピントロニクスの最前線」(東京)、12月15日.


S. Yamada and K. Hamaya:
"Atomically Controlled Molecular Beam Epitaxy of Germanium-ferromagnetic Alloys for Spintronic Devices"
Collaborative Conference on Crystal Growth (3CG), Phuket, Thailand, November 4-7, 2014.

Y. Saito, M. Ishikawa, T. Inokuchi, H. Sugiyama, T. Tanamoto, N. Tezuka and K. Hamaya:
"Spin injection, detection and local magnetoresistance through Si at room temperature in ferromagnet/MgO/Si lateral spin valves (invited)"
IEEE International nanoelectornics conference, (IEEE INEC 2014), Sapporo, Japan, July 28-31.


K. Hamaya:
"Ge spintronics with Highly Spin-polarized Electrodes"
2014 Asia-Pacific Workshops on Fundamentals and Applications of Advanced Semiconductor Devices (AWAD 2014), 1B-2, Kanazawa, Japan, July 1-3, 2014.


S. Yamada, M. Miyao, and K. Hamaya:
"Atomically controlled heteroepitaxy of Ge on a ferromagnetic Heusleralloy for a vertical-type spin transistor"
International SiGe Technology and Device Meeting (ISTDM 2014), 7.1, Sigapore, June 2-4, 2014.


浜屋 宏平:
"ホイスラー合金を用いたゲルマニウムスピントロニクス"
第49回スピンエレクトロニクス専門研究会 (日本磁気学会)、京都大学 ローム記念館 (京都)、5月26日.

斉藤 好昭、石川 瑞恵、井口 智明、杉山 英行、棚本 哲史、浜屋 宏平:
"Siへのスピン注入とスピン伝導 -スピンMOSトランジスタの実現を目指してー"
第49回スピンエレクトロニクス専門研究会 (日本磁気学会)、京都大学 ローム記念館 (京都)、5月26日.

浜屋 宏平:
"シリコン中に生成したスピン蓄積の電界制御"
日本学術振興会 (東京)、5月19日.

トップ
研究テーマ
主要実験装置
メンバー
年間スケジュール
研究成果
リンク集
浜屋研を志望する方へ
卒業生の進路
アクセス
大阪大学 大学院基礎工学研究科 システム創成専攻 電子光科学領域 固体電子工学講座

ナノ物性デバイスグループ 浜屋研究室